快飛行家スミス飛行記録
俳優・奈佐健臣(大沢事務所所属)、作家・演出家・北川原梓、グラフィックアーティスト・木立十の徒然帖
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
快飛行家スミス
 よろず旅行Ⅰ
夜合樹
於・松陰コモンズ

無事に公演を終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
お手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

雨にかかわる物語が、本物の雨のそぼ降る古民家の中魔法にかけられました。
とても貴重な体験です。
そして両手から零れるほどの勉強をさせていただきました。

まだまだ未熟な私たちですが、今後とも宜しくお願いいたします。

*本当にありがとうございました!*
スポンサーサイト
page top
今回
よろず旅行Ⅰ
夜合樹
松陰コモンズ、では。

縁側の窓を全て開け放した状態で芝居を打つ予定です。
雨が降ってしまったら、ちょっとどうなるかは判りませんが、ほんの霧雨程度なら、それもまた一興かもしれません。

ですので。

15時の回、19時の回。

同じ物語であっても、まるで違った顔が其処には現れるだろうと思います。
昼の古民家。夜の古民家。
そしてそれらを纏い、変容していく芝居。

皆様、お時間が許すようでしたら。
どちらかお好きな世界を一つ。(とわ言わずとも・・。)
page top
category/舞台出演
EniAyoDoun「雨の季節の夏至祭」
2006-05-15-Mon トラックバック : 0  コメント : 0
6月17日(土)

快飛行家スミスは、
EniAyoDounの企画
「雨の季節の夏至祭」
にゲストとして参加いたします。

Gipsy Breeze(ジプシーギター・若柳吉三郎さん、コンサティーナ・三浦みゆきさん)と共に<野口雨情>の詩と世界に挑戦いたします。

:::::::::::::::::::::::::::

*「雨の季節の夏至祭」*
6月17日(土)12:00~18:00

銀座ギャラリー悠玄当日券1ステージ各 ¥2,300 (2ステージ通し券¥4,000 )
前売券1ステージ各 ¥2,000 (2ステージ通し券¥3,600 )
チケット問い合わせ先
mailto:eniayodoun@hotmail.co.jp


~ The part of  music performance ~
ギャラリー悠玄・地下空間
ここでは街の喧騒や時間から切り離された静謐の中
見知らぬ異国を初めて訪ねた時のような高揚感を感じることができます

Gipsy Guitar若柳吉三郎が様々な楽器演奏家と融合いたします
自在に織りなされる音と空間の融和をお楽しみください


■1st performance 〈 雨の巻 〉 13:15~14:30


脈々と流れる白カラスサウンド。2つのギターのうねりを駆けるアコーディオン 
白カラス
若柳吉三郎@GipsyGuitar
三輪崇雅@JazzGuitar
ゲスト:渥美知世@JazzAccordion


Gipsy Breezeの奏でる音の世界と幻燈のような野口雨情の詩の世界を
快飛行家スミスが編み上げます。
聴く者の心を映す空間に降るは篠突く雨か、そぼ降る雨か・・・
Gipsy Breeze
若柳吉三郎@GipsyGuitar
三浦みゆき@ Concertina
*ゲスト:奈佐健臣@快飛行家スミス


■2nd  performance 〈 夏の巻 〉 15:40~17:10 
 

蒼く深い夏の空を―― 白カラスと広川恵の初夏を彩る音世界
白カラス
若柳吉三郎@GipsyGuitar
三輪崇雅@JazzGuitar
ゲスト:広川恵@Vocalist


English Concertinaの幾歳の時を経た響きと乾いた江戸の風情
GipsyBreeze・・・その融合
Gipsy Breeze
若柳吉三郎@GipsyGuitar
三浦みゆき@ Concertina  


Django Reinhardtによって生み出されたJazzz manoucheを演奏する拘りのバンド。 洗練されたジャズでありながら素朴で温かみのある
オール・アコースティック・トリオ
LatchoNiglo 
若柳吉三郎@Gipsy Guitar
Laurent Prieur@Guitar
古館由佳子@ Violon
page top
快飛行家スミス
         よろず旅行Ⅰ
夜合樹」(ねむ)

2006年5月27日(土)15時開演・19時開演
(各々受付け開始は開演の1時間前、開場は30分前です。)

快飛行家スミスが、東京世田谷のど真ん中、「松陰神社前」(世田谷線・世田谷区世田谷4の14の3)の<松陰コモンズ>(→http://www.chc.or.jp/project/shouin_commons/index.html)にて、<語り芝居>を行います。

松陰コモンズとは 
世田谷の真ん中に残る築150年の古民家です。ここには職業も世代も異なる男女7人が暮らしています。それぞれ個室を持ちながら、キッチンとお風呂は共同で使用する。そんな生活の一部を共有した住まい方です。
その住居の一部に、昔ながらの縁側と20畳の大広間があり、イベント・展示・ライブ等に活用されています。この大広間は暮らしの豊かさを求める住居者たちの考え方をより多くの人に知ってもらう為に、単なる貸しスペースとしてだけでなく、松陰コモンズの考え方に賛同する特定の人々に提供されています。
松陰コモンズは、NPOコレクティブハウジング社のサブリース事業です。コレクティブハウスとは独立した住居のほかに、食堂などの共有スペースがある集合住宅で、生活の一部を共有する住まい方のことです。

◆快飛行家スミスとこの公演について  
快飛行家スミスは昨年3月の旗揚げ(於・松陰コモンズ)より公演する<場所>にこだわりをもって活動を続けてきました。
第1回「泥水の杯」は上記したように松陰コモンズ、第2回「青翅に眠る」は神楽坂にある昭和20年に建てられた洋館ギャラリー。第3回「ラヂウム殺人事件」は井の頭線池の上にある穴倉のような舞台のある小さなギャラリーにて。
その場所に特定の力を感じ、その力を感じることで、そこでしかできない物語を紡ぎだし表現することを目的・目標・快飛行家スミスの芯として掲げてきました。
そして今回。快飛行家スミスという集団をより多く幅広い人々に知ってもらう為、本公演と本公演の間にフットワークを軽くより身軽なスタンスで出来る公演を目指す事を目的に企画を立ち上げたのが「よろず旅行」。芝居という形態だけでなくそして、まったく違うジャンルの人々との融合などを見据えて続けていく企画です。

そして今回は松陰コモンズ。築150年の古民家において、風通しの良い豊かな生活を感じながら、150年前、この古民家が建設された当時の空気を探す。『ここでしか出来ない公演』を模索し、フットワークの軽さを生かした公演の形を実現します。

◆「夜合樹」(ねむ) 
(合歓に同じ・夜になると若葉が閉じて眠っているように見えることからそう呼ばれる。)

「合歓の樹」を中心とした3,4本の<語り芝居>をメインとしたオムニバス形式。
<眠る>ということをキーワードとし、<夢>に関した物語を展開。
:::::::::::::::::::::::::

「夜毎の夢は、蜜の味。」


夢を、売ってくださいますか?
 夢を、お買い求めになられると?
 
ならば、覚悟はございましょうね。ええ、それ相応の対価を戴きますとも。
 

夏の始まりを告げるように、あの家に夜合樹の花が咲きました。
 そしてそれを待っていたかのようにして。兄さんは、雨の中に姿を消したのです.

::::::::::::::::::::::::::

*料金は前売り・当日共に、2,500円。
*チケット予約は、5月1日(月)より、電話・FAX・eメールにて受付中。
*公演場所は、
「松陰コモンズ」(世田谷区世田谷4の14の3)。
公演・チケットに関する詳細は、快飛行家スミスのHP
http://www.geocities.jp/kaihikouka/)、または、下記の「本件に関するお問い合わせ」まで。

【本件に関するお問い合わせ】
 
 快飛行家スミス
 ■tel 080-5696-7855(快飛行制作事務所)
 ■FAX   03-3290-5497 (快飛行制作事務所) 
 ■Email  kaihikouka@ybb.ne.jp
page top
Copyright © 2017 快飛行家スミス飛行記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。