快飛行家スミス飛行記録
俳優・奈佐健臣(大沢事務所所属)、作家・演出家・北川原梓、グラフィックアーティスト・木立十の徒然帖
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
category/奈佐健臣★飛行期
奈佐健臣 VOL.66「準備不足2」
2008-04-30-Wed トラックバック : 0  コメント : 0
「身体を軟らかくしよう」
と、ストレッチを始めて早数週間。

それは「夜合樹」の冒頭の為のものだった。身体が柔らかくなければきれいに見えないシーンである。
何度か稽古を繰り返す。
身体は少しも動かなかった。
今日も頭の後ろで、キツネが「コン」とだけ鳴いた。

僕のストレッチは20年程遅かった。
スポンサーサイト
page top
飛行記更新しました。

こちらからご覧下さい。

http://blog.livedoor.jp/kaihikoukasu/
page top
台詞は26ページまで完璧に入っていた。

立ち稽古が始まった。


僕の口から台詞は、一言も出てこなかった。
頭の後ろでキツネが「コン」とだけ鳴いた。


僕の微妙な準備不足が判明した。
page top
飛行記更新
奈佐健臣 VOL.64「ものごころ」
こちらからご覧下さい。

http://blog.livedoor.jp/kaihikoukasu/
page top
category/奈佐健臣★飛行期
奈佐健臣 VOL.64「ものごころ」
2008-04-16-Wed トラックバック : 0  コメント : 0
ずっと台本とにらめっこをしてた。
「何か書こう」と思った途端に台詞が入らなくなった。
いざ書こうとペンを持つと台詞が気になった。

それを繰り返して、すっかり遅くなってしまった。やれやれ。まあ、とにかく、ひとまず台本は横に置こう。

今回、北川原からの命令の一つ。
「身体を軟らかくしよう」

そこで一日30分から40分ストレッチをしている。


しかし、ものごころがついた時には僕の身体は固かった。鉄板を入れた様に固かった。
ものごころで思い出した。
ものごころついた時には牛乳が飲めなかった。温めても、凍らせても、砂糖を入れても、何をしても飲めなかった。
もちろん今も飲めない。
近よれない。

ものごころついた時には赤飯が食べられなかった。自分がめでたかろうが、親戚がめでたかろうが、友人がめでたかろうが、食べられなかった。
もちろん今も食べられない。
近よれない。

そして鉄板の身体も、足を伸ばそうが、手を曲げようが、
ものごころがついた時のままなのだ。
page top
飛行記更新
奈佐健臣 VOL.63「左足の人差し指の話」

こちらからご覧下さい。

http://blog.livedoor.jp/kaihikoukasu/
page top
category/奈佐健臣★飛行期
奈佐健臣 VOL.63「左足の人差し指の話」
2008-04-07-Mon トラックバック : 0  コメント : 0
僕の左足の人差し指はちょびっと長い。手の小指と同じ長さだ。
「自分の身体で自慢できるところは何処ですか」
と聞かれれば、すかさず「左足の人差し指です」と答えるほどである。

それがどうしたことか、その左足の人差し指が最近、次々と靴下に穴をあけて行く。この一ヶ月で五足は捨てた。五回はいて穴があくのもあれば、一回であくのもある。だから、靴下の寿命ではないらしい。
今はいているのもうっすら透けてきた。
爪も伸びていないし、同じ靴下を一日中はいている訳でもない。

そこで考えられることはただひとつ。

僕の左足の人差し指が、
少しずつ成長している
ということだ。


大変だ。


この先、左の靴の心配もしなくては。
page top
Copyright © 2017 快飛行家スミス飛行記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。