• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
快飛行家スミス飛行記録
俳優・奈佐健臣(大沢事務所所属)、作家・演出家・北川原梓、グラフィックアーティスト・木立十の徒然帖
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
category/スミスの日々
物語の入り口は何処にでもある。鍵はたぶんドライアイスで出来ている。
2011-01-31-Mon トラックバック : 0  コメント : 0
ブレスレット1

今からする話とはまるで関係がないが、私は根に持つヤツである。
五年前とか十年前の事を盾に取って、奈佐を強請ったり、たまにする。

そうして手に入れた物の一つが、写真のブレスレットだ。

淡い象牙色をした二ツの大きなまん丸が印象的でとても気に入っているの
だが、問題もまた、このまん丸である。

「これは一体何だろうか?」

第一案・月説
月だとすると、何故二つあるのだろう。
幻月を思ったのか。それともヨハネ黙示録・新天新地がモチーフだったり。

第二案・星説
星ならばやはり二つ並んでいることに意味があるのだろうか。
ダイレクトに連星。色からすると、プロキオンだろうか。それとも双子座への
オマージュとか。

月であれ星であれそうすると、周囲の石や鎖の繋がりは当然銀河の一部な
のであろう。

第三案・アダムの林檎説
アダムとイブの喉仏をイメージ。丁度留め金を挟んで両端に配され離れたり
くっついたりする上、留め金が挿入式というのもまた象徴的。

第四案・飴玉説
ミルキーが好きすぎて、もうブレスレットに仕立てちゃいたかったけれど、やっ
てみたらかなりベトベトで実物は断念。





・、
妄想は尽きることがないが、やはりこのブレスレット宇宙の中心にあるデザイ
ナーの真意を知りたいと思う。
そのデザイナーの思いを、私は、この二つのまん丸から掘り起こせていたかと、
其処にある物語の入り口を探し当てられたかと、常に胸が疼く。

物語は何処にでも存在するし、人であれモノであれ想像力は尽きることがない。
いつか、私の周りにいる多種多様の表現者たちの、それぞれの形のそれぞれ
の作品に私が探し当てた物語を付けて回る、そんな仕事がしてみたいと思う。
page top



管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL
Copyright © 2017 快飛行家スミス飛行記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。