• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
快飛行家スミス飛行記録
俳優・奈佐健臣(大沢事務所所属)、作家・演出家・北川原梓、グラフィックアーティスト・木立十の徒然帖
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
category/スミスの日々
禁酒1週間目 勝率3割に低下・・・
2011-10-10-Mon トラックバック : 0  コメント : 0
我慢できなかった。
だって我慢できなかった(T△T)

PAP_0001.jpg
800年の歴史を前にしたら、私たちの決意なんて塵みたいなもんさ・・・。

HOLSTEN
http://www.holsten-pilsener.de/
page top
category/スミスの日々
禁酒四日目☆勝率5割・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ?!
2011-10-07-Fri トラックバック : 0  コメント : 0
禁酒生活4日目です。

勝率は5割です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれれ?!


まあ、4日のうち2日は飲んでしまったということです。
そんな些細な事にはめげずに、禁酒生活はまだまだ続く。

さあ今日も元気に!!

*****************************
奈佐はこれを読んでいるみたい。

著・高村薫
リヴィエラを撃て
41EHZ581KGL__SL500_AA300_.jpg

リヴィエラ”とは、イタリア語で海岸や湖岸、川岸を意味するのです。
page top
category/スミスの日々
役者・畑中晶きらり光る足跡/「風先停留所」
2011-10-05-Wed トラックバック : 0  コメント : 2
愛知へ居を移す事になった役者、ヒデこと畑中晶氏。
彼が、この土地や我々にしっかりと残した足跡を、ほんの少しご紹介。

2008年10月
ルリユール旅団旗揚げ公演
風先停留所/脚本演出・北川原梓
都電おもいで広場内  旧7500形“学園号”車内
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/toden/kanren/omoide.html

異例の展示車両内での公演ということで、毎回仕込んで毎回ばらす。
つ、つらい現場だった・・・。
今思い返しても、喜怒哀楽+苦難呆酔さまざまなため息が・・・・・。


物語を簡単に説明すると。
「アネとモネという姉妹が行方不明になった弟のネモを探すために遊園地
の遊覧列車に乗り続けていたら、遊覧列車が妄想列車になっちゃった。」

こんな感じ。
かっこよく書くと。

「西風の神ゼピュロスが夕闇の眠りより醒める時、列車は音を立てて走り
 出す。乗客は四人。目指すは“風先停留所”。
 そして。
 其処に待ち受けているもの、それはアネモネ、赤い花。」

こんな感じ。
どっちにしろどんな話だかさっぱり解りませんね。

ヒデの役は“不幸な電柱作業員・二木次郎”。
わかりやすく電柱を背負っていました。
奈佐健臣は“謎の男・西野一郎”という役。

何はともあれ、写真をご覧ください。
*******************************

撮影・井戸雀秀
http://bassman-freestyle.blog.so-net.ne.jp/


P1120754.jpg  








 「僕は二木二郎と言います。
 東東京電燈荒川局電柱管理部機動 
 作業隊第十六班二木組組長の電柱 
 作業員です。」




P1120813.jpg

 




 「夕闇に沈んだ世界の中で、 
 だけど僕の胸の中にだけはきつい西日
 が沸々と真っ赤に燃えていた。これがあ
 の時貴方が持ち去れなかった最後の赤
 色です。」




P1120815.jpg








 「そう、あの空へ向かって飛び出していく電
 車に乗って、心も体も無重力の中でならボ
 クの奥手の重石も宇宙の彼方に吹き飛ぶ
 かと思って。」




P1120939.jpg




 




 「船方煉瓦工場西側十三番電柱、僕は証言
 します。僕は全部知っています。僕は全部見
 てました。」

     
**********************************
笑えるほどに不幸で情熱的な男・二木二郎。
私が描いたキャラクターを、ヒデが魅力的に立ち上げてくれました。

「風先停留所」。
つらい現場ではありましたがその分思い出も感慨も多く、快飛行家スミスの作品で
はありませんが、私個人の戯曲として、どこかでまた上演したい作品の一つです。

その時はヒデ、また二木二郎を宜しく。
また会う日まで!


◆畑中晶ブログ「愛のヒデBoo!ろぐ」
http://blogs.yahoo.co.jp/cqgrj935

page top
category/スミスの日々
もやしの豆知識、いや、豆もやしの知識?
2011-10-04-Tue トラックバック : 0  コメント : 0
昨日のお昼に大量のもやしを食したので、もやしのお勉強をしようと思う。 


モヤシ
7003_140_2.jpg
モヤシとは、主に穀類・豆類の種子を人為的に発芽させた新芽である。
<人為的に>ってとこがポイントなのね。元々は、モノの名前というより行為や現象を現す言葉?

豆類のモヤシを特に豆もやしという。
豆もやしは、豆自体または、発芽した芽と茎を食用とする。

呼称は「萌やす」=発芽させる、の連用形であり、
あ、やっぱり、
本来は穀類の新芽作物一般を 指す語である。しかし、近世に緑豆モヤシが大い
に普及したため、単にモヤシと 言った場合、緑豆モヤシを指すことが多い。
穀類のモヤシってのが想像できない。
ワラビ、タケノコ、カイワレ大根、ブロッコリーなどの新芽作物もモヤシの一種とい
うことになる。
ワラビもタケノコもですか・・・?、って・・・!!タケノコってイネ科だ。そこに吃驚。


ブラックマッペ(ケツルアズキ)は、戦後にタイ、ミャンマーからの輸入が始まり、中
華料理の普 及と共に1965年(昭和40年)頃から消費量が増加した。以後、1985
年(昭和60年)頃になると スーパーマーケットに定着し、ラーメンや鉄板焼き(ジン
ギスカン鍋)の需要から人気は急激に 高まった。
1985年、私は小学一年生。

手軽に購入でき多様に調理が出来るブラックマッペもやしの普及にしたがい、生産
コ ストの高い大豆もやしは衰退した。
現在の「豆もやし」の代表「緑豆もやし」は食味と食感が好まれて、1990年以降、急
激に普及し た。

関東では緑豆・大豆を使った、色が白く太めでシャキシャキ感のあるものが好まれる。
関西ではブラックマッペを原料とし、どちらかといえば細くて長く、もやし特有の風味
があるもの が好まれるようである。
全部豆もやしなのか。豆のコリコリッとした部分がついてる奴が“豆もやし”なのだと思っていた。


中華料理での炒め物に多用されるが、これらで使われるのは大豆による「大豆もやし」
が一般的 である。
沖縄ではマーミナーと呼ばれ、チャンプルー(炒め物)によく使われる。
また「浜松餃子」は、茹でたもやしが添えられているのが特徴である。
へー。浜松餃子ってもの自体知らなかった・・。浜松餃子学会なるものまであるとは。
                     浜松餃子学会→http://www.hamamatsugyouza.com/

緑豆もやしは店頭に並べられてから傷みが早く、水分が出てくるので2〜3日以内に
消費すること が望ましい。
手間と時間がかかるが、根と豆部分を取り除くと食感が良くなり、雑味がなくなるなど
大きな差が出 る。
判っちゃいますがね・・・・。

そのほか、
アルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)のもやし(糸もやし)や
ソバのもやし(そばもやし)
もあり、サラダなどに使われている。
中国ではエンドウをモヤシにした豆苗が栽培されており、欧米ではフェヌグリークやアル
ファルファ
などの豆類ももやしとして栽培されている。

************************************ 

ちなみにカロリーは100グラム当たり14 kcal。

ふーん。もやし、美味しかった。

page top
logo.gif
http://kichijirou-kyougenkai.jp/

奈佐健臣がお稽古に通う、吉次郎狂言会のHPが公開されました。
page top
category/スミスの日々
睡眠とは気絶することだったのです。
2011-10-03-Mon トラックバック : 0  コメント : 0
今日から・・・・・

禁酒を断行!p(・∩・)q

いつまで続くか知りませんがね。
イベントやら送別会やら花火大会やらで疲れた内臓を、たまには労わって
あげようかと思います。

きっとずっと眠れない夜が来る予感・・・・。
此処何年も、睡眠=気絶ですから。ふぅ。
そんなわけで。
仕事もひと段落、新しい企画の構想中なので、のんびり秋の夜長を読書に
溺れようと計画中。
グラスを透かした語らいの時間も幸せだけれど、活字の海に潜るもまた一興。

どれを読もうかなー、と未読の本が並ぶ本棚を眺め珈琲をすする一日の始ま
りはひどく爽やかなのでありました。

********************************
先ずはこの3冊を。

著・岡本綺堂
半七捕物帳
963hansiti1.jpg


著・山田淳一
日本史のおさらい
51uX+G1Wd3L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


著・鳩山郁子
ダゲレオタイピスト―銀板写真師」
61hAaLayk3L__SL500_AA300_.jpg
page top
category/スミスの日々
アーティスト・加藤美和写真展、最終日。これから西麻布へ
2011-03-31-Thu トラックバック : 0  コメント : 0
3月1日から西麻布にあるbar&lounge、73で開催されている、
加藤美和ちゃんの写真個展、

紡ぎ合う写真と言葉

o0591083411028182099.jpg o0591083811028182098.jpg

最終日になってしまいましたが、今日、これから向かいます。

加藤美和ちゃんは、快飛行家スミスがお世話になっている、とても素敵な写真を
撮るアーティストです。

月船月船月船
(撮影・加藤美和/快飛行家スミス「月の船」より)

個展会場はバーラウンジだそう。
興味のある方、ご都合の良い方、もしよろしければご一緒に。

詳細はこちら→
http://www.seven-three.com/


*********************************

仕事半分、欲求半分で憑かれたように読んだのは。

著・夢野久作
瓶詰の地獄
bin.jpg
page top
今日は雛祭。
雛祭は、祝う日ではなく、祓う日であり願う日であります。

**************************
明かりを点けましょぼんぼりに お花をあげましょ桃の花
五人囃子の笛太鼓 今日は楽しい雛祭り

お内裏様とお雛様 二人並んですまし顔
お嫁にいらしたねい様に よく似た官女の白い顔  

金の屏風に写る灯を 微かに揺する春の風
少し白酒召されたか 赤いお顔の右大臣

着物を着替えて帯締めて 今日は私も晴れ姿
春の弥生のこの佳き日 何より嬉しい雛祭り

***************************

著・皆川博子
ゆめこ縮緬
51P63A9FH9L__SL500_AA300_.jpg


page top
つ!!!!!!!!

しました。
おかげさまで。

インフルエンザはもうごめんです。

でも、本は一杯読めた。


*************************

著・京極夏彦
塗仏の宴~宴の支度」
「塗仏の宴~宴の始末」
nurihotoke_sitaku_no.jpg nurisimatu_no.jpg


著・京極夏彦
邪魅の雫
jyami_no1.jpg


著・松岡正剛
危ない言葉切ない言葉
31qW-O9KaML__SL500_AA300_.jpg41Tzc9SxABL__SL500_AA300_.jpg
page top
category/スミスの日々
人間の想像力は時空も超える。問題は私が超えたのか相手が超えてきたのか。
2011-02-06-Sun トラックバック : 0  コメント : 0
ne4.jpg
(夜合樹~文月夜篇~より/著・北川原梓)

一昨昨日、恵方巻きの夢を見た。

緑めいた艶やかな黒い海苔がぱらりと一枚巻かれた、手のひらほどの
恵方巻きが一つ。
白い空にぷっかりと浮かんでいる。

「嗚呼、恵方巻きも空を飛ぶのですね。」

「なんと啼くのでしょうか。」

「エホゥ、エホゥ、でありましょう。」

そんな事を言っていると、ぷっかり浮かんだ恵方巻きが突然向きを変えた。
白と茶色と黄色と淡いピンクを入り交えた丸い断面を正面にして、ゆっくり
とこちらに近づいてくる。
近づいてくる。
近づいて、
近、

「でかっ?!」

手のひらほどに見えた恵方巻きは、あっという間に視界を覆い尽くし、みっし
りと絶望的な重さで私を押しつぶそうとする。

「おも、重い・・・、」

「普通です。」

「え?」

「これが普通の恵方巻きの大きさではありませんか。」

「え?」

胸の中がずんっと一際重くなる。「それは違います、」と肺に押し詰まる重いモ
ノを吐き出そうとした時。

目が覚めた。

胸の上には、ずでん、といった感じに猫が寝ていた。体重は五キロある。重い。

その日から私は微妙な熱に苛まれている。
その熱が、安眠をさせてくれない猫のせいなのか、恵方巻きの祟りなのか、今
のところ真実はわからないし、正直、たいした興味もない。

今私の中で一番の問題は、夢の中で話していた相手が一体誰であったのか、
なのである。

エホゥ、エホゥ・・・・・・・。

page top
Copyright © 2017 快飛行家スミス飛行記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。